BC&FC Best Company & Best Fortune

お問い合わせはこちら

採用情報

社員紹介

たくさん学び、楽しく仕事をして、たくさんの成功体験をしてください。

常務取締役植木 啓太

これまでの総料理長から常務というポジションになり、仕事の幅がかなり広がりましたね。
フード、ドリンク、サービスの向上を徹底すること。
それが今の大きいミッションです。
全ブランドがこれで完成、といえるまでには、もっともっと上を目指す必要があると感じています。
PESCHERIA SELVAGGIOも、初めこそ和食中心のバルでしたが、お客様の声を反映していたら、魚という主軸は変わらず、半分以上は洋風メニューに変更になりました(笑)

料理は経験等では無く、イメージやセンスだと思っています。
むしろ未経験者の方が、自由にインパクトがある料理を発案するケースも多いですね。
実際グランドで採用された例もありますよ。
当社のメインである刺身をはじめとする魚料理、サイドメニューの品々。
使う魚は毎日数十種類にもなり、さばき方を含めた多様な料理の技術が短期間で身に付くはずです。
ここで腕を磨いておけば、将来に渡って活用できるスキル、技術が身に付くのではないでしょうか。

仕事はコミュニケーション1つで楽しくもなり、辛くもなります。
従業員が楽しくないと雰囲気も悪くなりますし、何よりお客様の満足度にかなり影響してきます。
まずは仕事、そして今を楽しむことが重要だと思いますよ。

固定概念に囚われず、柔軟な発想で、日々変化する世の中と勝負していきたいですね。

PESCHERIA SELVAGGIO 料理長井澤 孝亮

居酒屋でアルバイトをしていましたが、求人広告で俺の魚を食ってみろ!!というブランドネームに惹かれて入社しました。
元々魚が大好きで、その技術ももっと磨きたいと考えていましたし。
アルバイト入社し、1ヵ月で正社員、3ヵ月で料理長のポジションを任せて頂きました。
この柔軟力は普通の会社じゃ中々ないですよね。
そして2015年11月の新ブランドのTHE FISH CLUB(現 PESCHERIA SELVAGGIO)の立ち上げに参加しました。
ほぼ専任で全ての事をやらせて頂き、本当に勉強になりました。

俺の魚ブランドはサラリーマン層が多い街に出店していますが、亀戸はファミリー層やカップルのお客様が多いです。
お客様の層に合わせた価格設定や、原価の調整には苦労しています。
ただ、会社の方針としてメイン料理は原価を気にしない事にしていますので大人気メニューの【雲海】だけは赤字覚悟です(笑)

更に初めての魚バルなので雰囲気やメニューはこだわりました。
メインがサラリーマン層では無いので、外観や内観は、賑やかな楽しいイメージに。
またメニューも初めてワインなどを扱うので、詳しい人に指導して頂いたり、独学で学んだり…ちなみに今回は1からメニュー開発(作成)をさせて頂きました。

植木常務をはじめ、周りの人からのたくさん支えもあり、今は非常に楽しい店舗になったかと思います。
植木常務は、周りが凄い見えており、的確な指示、教育ができる人。
憧れますし、そんな人物になりたいですね。

自分のやりたい事を好きにやらせてもらい、正当に評価され、昇格につながる、しかも非常にスピーディーに。こんなやりがいのある会社は他にないですね。
昔は独立希望がありましたが、今は全く(笑)。
この会社を後の仲間にしっかりと伝えていきたいです。